2010年11月21日

NPO法人の活動

昨日、名古屋市緑区にある鳴子団地をたずねた。
目的や経緯をきちんと説明しようと思うと長くなるが、「素晴らしい人物に会うべく」出かけた。

紹介者と栄で待ち合わせ、車で30分ほどのところであった。


その人とは、特定営利活動法人「たすけあい名古屋」の渡部代表である。
この法人の主な事業は、介護保険事業、障害者自立支援事業、子育て支援事業、有償ボランティア活動(暮らし助け合い、福祉有償運送等)等で、平成21年度の事業総額は2億5千万ほどである。

代表は、平成6年地元の大企業を定年退職後、社会福祉活動のことを学ばれ、自らNPO法人を立ち上げ今日の姿にまで育てあげられた人である。
お会いするまでは、紹介者からのごく僅かな知識しか持ってなかったし、NPOの何たるかもよく理解していなかったが、話を聞きながら心に響くものが幾つかあった。


一番強く感じたのは、「今後のまちづくりの核」となる団体であるということ。
もっと突っ込んだ言い方をすれば、「核にすべき団体」であるということである。

1時間の説明、30分間の施設見学。
私にとっては驚きの連続であった。

特に、NPOとして活動していくには「理念・目的」が極めて重要であるとの話は感銘を受けた。


因みに、NPO法人「たすけあい名古屋」の理念と目的は次のとおりである。

「理念」 「ほどこしでない」「おしきせでない」「金もうけでない」

「目的 1」
「困ったときは、お互いさまの気持ちで、受け手と担い手との対等な関係を保ちながら活動を行い、互いに支えあうことにより安心して暮らすことのできる地域社会をつくる」

「目的 2」
「障害の程度にかかわらず、一人ひとりが尊厳をもって、地域の中でその人らしい生活が送れるよう自立を支援する」


そして次のような解説がある。
《当初から一貫してこの考えは変わっていません。当初から畳の上で臨終を迎えたいとする高齢者を支えることのできる団体でありたいと考えていました。

この思いはまだ充分には実現していませんが、一歩一歩近づける努力を重ねています。NPO法人の運営は、柔軟性に富み社会貢献活動には最適制度です。》・・・と。


「たすけあい名古屋」のようなNPO法人が多く育つ環境を整備することが重要だと感じた。
そのためには、まず人づくりから始めるべきだ。

「地域の一人として、自分のできる社旗貢献を考える」
「その活動を行うための知識習得」
「知識を生かし、仕組みづくりを考える」・・・まさに人づくりである。

こうした機会やプロセスに深く関わりを持ちたいものである。




posted by 伊藤保徳 at 06:46| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

環境創造都市

中部経済新聞の11月12日「尾張・知多」欄に、瀬戸市が「まちづくりの意見募集」をしていることの記事があった。

11年度からスタートする、第2次環境基本計画について市民からの意見を募集し、参考にしたいという。
この計画は、2000年度にスタートしたとのことだが、あまり市民に認知されていないような気がする。

2005年に開催された愛知万博に先立ち、瀬戸市は環境マネジメントシステム「ISO14000」の認証取得をした。自治体としては早かった方だと思う。認証取得当時は、エネルギー監視や職員個々に地球環境に優しい活動を宣言、各自その内容を表す胸章をつけていた。しかし、いつの間にかそれらは消えてしまった。

聞けば、ISOは更新していないようだ。

仰々しい計画を策定するより、職員個々の地道な活動のほうが望ましい姿だと思うが、「計画作り」のほうが好きなようだ。


この計画、『環境創造都市実現に向けて、これまで以上に環境の保全・創造を志向したまちづくり』を目指しているというが、この「環境創造都市」というものがよくわからないのである。

基本方針として・・・
@まちの歴史を踏まえた「これからの100年」を考え、自然環境の保護と保全につとめる
A市民がまちの自然に親しみを感じられるよう、身近な自然とのふれあいの場や機会づくり
B安全・安心に暮らすことのできる環境作りとして、公害防止活動や都市基盤の充実を図る
Cまちの歴史や文化、景観の魅力を生かし、心豊かに暮らせる環境作りを進める・・・などと紹介している。

これもまた、分ったような分らないような内容といえる。
市民に意見を求めるなら、もっと分りやすい表現で期待すべき内容を伝えるべきである。


私はこの意見募集には、重大な問題があると思った。
それは、瀬戸市の町を今後どのように作り上げていくかという「ビジョン」が欠けているという事。(それが「環境創造都市」というのは論外である)

次に、まちの賑わい創造として「まるっとミュージアム構想」との関連付けが明確ではないということである。
この「まるっとミュージアム構想」というのは、瀬戸市全域を博物館として見立て、観光的産業を創出しようというものである。

まちづくりを考えるに当たり、重要な条件である。
これが欠落しているようでは、計画のための計画となってしまう。
まさに、無駄遣いである。

「無駄」というのは、環境への負荷だけ発生させ、何の生産も得られないということであり、「環境に優しい都市」を目指しているのにお粗末である。


縦割りという弊害なのかもしれないが、職員全員が「瀬戸のため」「町のため」という視点を持てば、解決できる問題のように感じる。


posted by 伊藤保徳 at 13:30| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

市民の声

選挙ではいわゆるマニフェストが投票行動に大きな影響を与えるものだと聞いている。

今までは、それを見て選ぶ側であったが、来年の4月は選ばれる側という初めての経験をすることになる。
先月から、各所で集会を重ね参加してもらった人との意見交換をしているが、とても勉強になる。

今までも「市民の声」として、それなりに注意をしていたつもりだが、今の立場になり、感じ方は全く違うといってよい。
ある面、とても現実的であり当事者意識が高まるばかりである。

多くの意見を聞き、そろそろ私自身の「宣言文」(マニフェスト)をまとめ上げる時期だと思っている。
公約でもあり、十分に考えまとめ上げるつもりだ。


第一には、立候補の理由を端的な言葉で表したい。
言うなれば、私のキャッチフレーズのようなものである。

次に強調したい点は、「市民の声が元にある」ということ。
直ぐに改めることも、将来に向けて改善・改革すべきことも全て市民の声を起点にしようと思っている。

その上で、私の思いを加え優先順位を決めていこうと考えている。


どこまで市民の声を反映できるか分らないが、最大限努力するつもりである。


posted by 伊藤保徳 at 17:02| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

老人会の活動

昨日、瀬戸市西部の町内でミニ集会を開催してもらった。
多くの支援者に支えられ40人近い人の参加があった。

今週に入って2回目であるが、懸命に主義主張を訴えているが、これだけの人に聞いてもらえるとなると更に力が入る。


全体で1時間程度の集会であり、概ね30分は私からの話し、もう30分は出席された人との意見交換に当てている。これだけの人数だと、発言するには少し勇気がいると思い、最前列にいた人を指名してみた。

この方は、集会の始まる前に私に『息子が世話になっています・・・』とご挨拶を戴いた方である。
苗字を聞き、直ぐに営業部門にいる社員の名前を申し上げたところその社員のお父さんであった。

そんなやり取りがあったので、発言をお願いしたが、率直に議員定数のことや職員の報酬などについての意見を戴いた。


いろいろなやり取りがあった中で、最も印象的であった意見は「老人会」に関することであった。

少子高齢化社会となり、高齢者が確実に増えているのも関わらず「老人会」の会員が減っている、という問題提起であった。
市内各所で組織されている「老人会」。
親睦活動をはじめ、趣味の活動、地域での奉仕、子ども達とのふれあい活動など、いろいろな方面で活躍してもらっている。しかし、近隣の市町村に比べ活動は低調との指摘である。

最も問題なのは、会員が減っているということ、このことにもっと危機感を持つべきである。
こんな内容の意見であった。


少子高齢化社会といわれて久しいが、高齢者のことについてきちんと議論されたことは聞いたことがない。
老人会の活動や高齢者の地域での活動などはニュースとして聞こえてくるが、それらは「あるべき姿」に向けての活動のようには思えない。それぞれが、それぞれの思いで実行されているように感じる。

考えてみれば、実にもったいないことである。

老人会ができた頃、まずは親睦からといろいろな活動が始まったと思う。
今日、高齢者比率がどんどん高まる中にあって、諸活動を自主性のみに頼っていていいのか、という疑問が湧く。


いろいろ話を聞いていて、地域づくりに大きな力を発揮してもらえそうな気がしてきた。
もう少し勉強をしてみたいテーマである。

posted by 伊藤保徳 at 07:47| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

ミニ集会

いよいよ今週から各所でミニ集会を開催することになっている。
これは、町内単位という規模であり、参加者も20名前後というきわめて規模の小さい集会である。

集会の狙いは、私の信条である「聞くこと第一主義」にもとづき、とにもかくにもまずは市民の皆さんの声に耳を傾け、「公約」づくりの参考にさせてもらう、というものである。
公約は、何とか今月中には作り上げたいと思っている。


昨晩、その第1回目を開催した。
町内の集会所に集まっていただいたのは15名。
午後7時から1時間ほど、町内のそして瀬戸市の問題点や課題について意見交換をさせてもらった。


15名だと、ほぼ「くるまざ」状態。

発言に対する質問、それに対する意見などなど、数多くの発言があった。
それだけ皆さん市政に対する関心があるということである。
そしてその関心の殆んどが課題だと認識されているところが大きな問題だと感じた。


文字通り「ミニ集会」であり、身近な問題から次世代のためのまちづくりなど、発言内容は多岐に亘った。

大変興味深く聞いた意見を二つ。

一つは町内に維持管理責任が言われている「集会所」管理の問題である。
月間数回の使用で、その維持管理は町内会というが、それは「整理・整頓・清掃」と「戸締り」くらいのことである。そこには、使い勝手をよくしたり利用度を上げるような活動は全くない。それは、町内会役員がお仕着せで、一年ごとの輪番制となってしまった仕組みに問題があるというのである。

指摘の通り、公民館のような一定規模の施設になれば行政も関与するが、小規模の集会所は町内任せという実態がある。

改めて考えてみるに、とても大きな問題が内在しているように思う。


二つ目は計画の策定と結果の確認、という問題。
瀬戸市では今、第5次総合基本計画が実行されてているところだが、この計画を策定した時は市民から委員を募り、地域での意見交換などが行われた。

それは好ましいことだが、問題は「検証」が市民を交えて行われていないという指摘である。
計画書は立派にまとめられ、閲覧もできるようになっているが、活動結果は役所内部でまとめられている。

結果が数字などで示されたとしても、その結果の読み方や想定外の効果、あるいはその逆もありうるのである。情報公開とか、透明性が高いというのは、こうした状況をも明らかにすることである。

意見は、当然のことだと思った。


今回のミニ集会で感じたこと。
それは、役所全体に「市民感覚、市民目線が不足している」ということである。
根本的な問題であり、改革するには大変である。

しかし、公約に盛り込まねばならない事項だと考えている。


posted by 伊藤保徳 at 08:04| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

世代を超えて

昨日の午後6時、秋祭りの反省会を開催した。
祭りは先月の17日に開催されたが、怪我や事故もなく無事終えることができた。

献馬を借りてきたり、警固隊の接待などで100万円近い費用がかかるが、その大半を地域の人たちの協賛金で賄うのである。

昔は、「馬宿」を担当する家が主体的に行っていた。
従って、近所のご婦人達のお手伝いが不可欠であり、接待もこうしたお手伝いさんの手料理やお寿司などで行ったものである。

私は16年ほど前に「馬宿」を担当したことがあり、祭りは前日、当日と、翌日の三日間であること実感した。
準備の段階から、多くの人に出かけてきてもらいいろいろ指導願ったが、これは地域の一員として認めてもらう絶好のチャンスでもあった。

その時の食事は、殆んど我が家とお手伝いさんとで用意された。
これはこれで楽しいものであった。


7〜8年前から「地域全体で・・・」ということになり、本地地域を4つに分割し、「馬宿」を輪番制にしたのである。

接待用料理もお店からとるようにもなり、昔に比べれば割高になったようにも思う。

そして警固隊の接待とは別に、協賛金奉納者を対象にした「前夜祭」や「反省会」を行うようになって来た。
昨日の参加者は、全部で58名。
地域の集会所を借りての反省会となった。

会計報告が中心で、あとは食事をしながらの懇親会である。


この懇親会がいい。
世代を超え、祭りのことから地域の課題まで、話題はいろいろ。
お酒が潤滑油となり、話は滑らかでどんどん発展する。

こういう機会をもっと持つべきだと思う。
それぞれが我が地域をよくしようといろいろ考えている。


「伝統文化の伝承」のようにも感じた。


posted by 伊藤保徳 at 17:10| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

おばちゃん達の店

昨日瀬戸の市街地にある末広商店街を訪問した。

お店の数は全部で60店ほど。
その殆んどを理事長さんに紹介をしてもらいながらご挨拶をしてまわった。


子どもの頃、せともの祭りなどで来たことはあるが、社会人になってからは殆んど来たことはなく、言うなれば「初めて訪れた街」であった。

事前に商店街のマップを戴いていたので、ほんの僅かながら予備知識は持っていた。

そのマップには・・・
《せと末広商店街は、瀬戸に暮らすおばちゃんたちための商店街です。おばちゃんたちの欲しい逸品がゆっくりのんびりお買い物のできるように、お店のおばちゃんたちもガンバッテいます。

おばちゃんたちの笑顔あふれる末広町。「おばちゃん逸品マップ」ぜひご利用下さい。
すえひろのおばちゃんより》とあった。

そして、約60店に及ぶお店それぞれの「逸品」が、イラストと共に描かれている。
「ほんわか」な気持ちにさせてくれるマップである。


約1時間半に亘って歩いたが、やはりお年寄りが目立つ。
商店街歩く人、殆んどおばちゃんたちである。そしてお店の人もおばちゃんが多い。まさに「おばちゃん達の町」である。

いっそのこと、もっと特化してはどうかと思った。


おばちゃんとは縁が薄いと思われるお店は「理容店」1軒だけである。

折角「おばちゃん達の欲しい逸品」を揃え、おばちゃん達が待っているのだから、「おばちゃん達の商店街」として大々的に売り出せば、もっと多くのお客さんが来るように思うのだが・・・。



posted by 伊藤保徳 at 07:27| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

ものづくりの町

昨日、知人の紹介で3人の方とお会いした。
皆さん瀬戸市に住んでみえ、地場産業である陶磁器に関わる仕事に従事されている。

この地場産業がますます衰退し、口をついてでるのは、「このままではいけない。何とかせねば」という言葉である。

3人とも自分の仕事に誇りをもっておられるのはもとより、誰よりも「この仕事が好きである」という感じが伝わってきた。

話を聞きながら、何とかしなくてはいけないと思った。
「業界が違うから何もできない」・・・こんな風に考えていけないと思う。


何とかせねば・・・
こんな気持ちを抱きながら話を聞いていて一つのことが思い浮かんだ。

それは、目の前の「モノ」に捉われすぎているのではないか?ということである。
まずは「モノ」があり、それを売るためには・・・
こんな発想では現状から抜け出すことは難しいのではないかと感じる。

ではどう考えるかということである。


陶磁器、特に食器関係では今や岐阜の「美濃焼」の方が「瀬戸焼」や「赤津焼」よりブランドイメージは上だと聞く。
同じモノづくりでありながら、ブランドに何故差がつくのだろう。

いや、「差(違い)を明らかにした」からブランドとして確立したのかもしれない。
この点はきちんと調べる必要があるが、感覚としてそう思う。


こんなことを考えながら、3人の仕事を見てみるに「共通するキーワード」が思い浮かんだ。
『手しごと』という言葉。

手づくりとか、一品モノという言葉もあるが、瀬戸のモノづくりを表す言葉として「手しごと」というのはピッタリしているように思う。

つまり瀬戸の特長は、「作り方」にあるということである。
こう考えてくると、「せとものの町、瀬戸」のアピールの仕方は従来のそれとは全く違ってくる。


何とかせねば・・・
必死に考えていきたい。


posted by 伊藤保徳 at 06:55| Comment(2) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

起業プラン

先日瀬戸商工会議所に行った折、数種類のパンフレットやチラシをもらってきた。

会議所の入り口近くに、パンフレットのコーナーがあるが、いつも各種パンフレットがあふれかえっている。
これらの多くが人に読まれることなく、処分あるいは古紙として再生されると思うと、「もったいない」気がする。だから、なるべく見るようにはしている。


今回もらってきたものは、隣町である「長久手町」が発行しているもので、「起業プラン募集」のチラシであった。
このチラシで案内されていることは、先月(22日)会合を行った施設内に張ってあったポスターで知っていた。それを見た時、「面白い取組みだ」、と思った。

「長久手町米粉ビジネスプラン・コンペ」
米粉で起業しませんか!?
・・・起業プラン大募集・・・

こんな文字が並んでいる。

募集テーマとして・・・
・長久手町の地域資源である《米》の消費拡大を目指し、米粉を活用した起業プランを募集します。
・事業内容は、農家や商工業者等と連携した米分を使った6次産業の取組みであること。

この「第6次産業」というのがいい。
1次産業である農業が、加工・流通などに関わる産業のことを第6次産業と言うそうだが、長久手町の「農業振興」という姿勢が明確にでている。

そして応募資格として、平成23年度中に「長久手町内で起業し継続的事業を行う意志のある方」としている。
この条件明示もよい。


起業プランの募集というと、突拍子な内容も少なくないが、こうした条件設定をすることにより、より現実的なプランが出てくることが期待される。

チラシをよく読むと、この仕掛けは、認定NPO法人ふるさと回帰支援センター《ふるさと起業塾》だと思われる。この団体のことは全く知らないが、いろいろなことが考えられている。

瀬戸市にも市役所主導の「仕事塾」なるものがある。
内容は、地域で起業するための知識習得だと聞いているが、《ふるさと起業塾》に比べ焦点が絞られていないような気がする。


名称だけからの印象だが、「起業すること」のみを目的化するのではなく、「まちづくり」の視点が加えられているか否かの差がある。

こうした点は、大いに学ぶべきである。

posted by 伊藤保徳 at 09:07| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

曇のち雨のち曇

昨日の日曜日、予定通り「本地会館祭り」が開催された。

先週の水曜日頃から、台風14号の進路予想に東海地方が入っており、この地域も大きな影響が避けられないと思っていた。従って、31日に予定されている本地会館祭りの開催について自治会執行部は頭を悩ませることになった。

結果は、本州への接近が少し早まったことと、進路が南寄りになったことでこの地は、ほとんど影響を受けることはなかった。


一般的には、「台風一過の晴天」といわれるが、31日は一日中はっきりしない天候であった。

午前9時の開会式。
自治会長は挨拶の中でやはり天候ののことについて触れられた。
『骨折り損になってもいいから・・・と、準備を進めてきた。どうやら祭り終了まではもちそうなので・・』と、話された。


この開会式を終えた頃から、パラパラとしてきた。

関係者の気持ちは、「何とか午前中だけでも・・・」という思いであるが、やむ様子がない。むしろ本降りの様相であった。
少し早めの進行をしたいところだが、出演者は予定時間にしか会場に来ないということからそれもできず、結局は運を天に任すしかなかった。

帽子でのかむっていればさほど気にならない程度の雨。しかし傘は欲しい。

そんな中で、演目が進行していった。
「打ち囃し」といわれる古くから伝わる郷土芸能が1番最初。
続いて、幡山西保育園園児によるお遊戯、続いて小学生の和太鼓、そして合唱と続いた。

これらが小雨の中で行われた。
子供たちには本当にご苦労様でした。

特に「太鼓」は雨が大敵であり、心配をしたが何とか演奏をしてもらった。


開始から1時間した頃、西の方が少し明るくなり雨もやんだ。

その後は閉会、そして後片付けの完了まで曇りであった。

天候には恵まれなかったこともあるが、盛会だったといえる。


全ての後片付けを終え、「ごくろうさん!」と、缶ビールを飲み始めた頃、また雨が降ってきた。
曇りのち雨、のち雨そして雨、の一日であった。


posted by 伊藤保徳 at 06:32| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。