2010年11月19日

デザイン甲子園

甲子園といえば高校野球をイメージする人が多いと思う。
それにあやかってか、「漫画甲子園」という高校生の漫画コンテストもある。

11月11日の中日新聞に、『デザイン甲子園・愛工校が連覇』という記事があった。
愛工校とは我が母校であり、とても嬉しく誇りに思う。

記事によれば、全国26校から329点の作品が寄せられ、その中から最高位の文部科学大臣賞に入賞、学校も最優秀賞に輝いたという。両方とも昨年に続いての連覇である。


昨年の作品は、12月に開催された「デザイン講評会」で見せてもらった。
この講評会というのは、愛工校デザイン科の生徒が、卒業制作展として作品を展示するが、会期中にデザイン界の第一線で活躍する卒業生により行われるものである。
もう10年以上に亘って行われている。

学校の先生とは違った視点での講評は、厳しくもあり優しくもある。
生徒達はこの講評会で多くの刺激を受けているようだ。

デザイン甲子園での連覇に卒業生として微力ながら関われているとすればとても喜ばしいことである。


今年の作品(家具デザイン)もアイディア一杯のようである。
大臣賞の山口さんの作品(「@home」)を始め、宇佐美さん(「おでかけテェアー」)、長沼さん(「enkyu])、田辺さん(「TRANS箪笥」)の作品は、12月14日から開催される「愛工校デザイン展」に展示されるようだ。

楽しみである。

同時に、先輩達がこうした作品にどんな講評をするかも興味あるところである。


4人とも、進路は決まっているようだが、ますますその技能に磨きをかけてもらいたいものである。




posted by 伊藤保徳 at 07:06| Comment(0) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

上海経営塾

日曜日の朝早く出かけ、2泊3日の上海経営塾が終了した。
今回は、事務局を含め総勢20名の参加であった。

日程の都合で、観光などの時間が殆んど取れず、参加者には申し訳ない気持ちであるが、それなりに楽しんでもらえたと思っている。

上海経営塾は今年で4回目だと思うが、回を重ねるごとに「研修内容」が充実してきている。
初めて行った時は研修もさることながら、観光も「見聞を広める」という観点から重視をしていたが、年々そのウエートは低くなり、今回のように殆んどが「研修」となってきた。

僅かな時間に楽しみを探すというのもいいものである。


事故やトラブルもなく、全員が元気に帰国できたことが何よりである。

今年の経営塾も残すところ12月の1回だけとなった。

今月末には、各グループごとから「経営課題提言」が出されることになっており、その内容が楽しみである。

 
 
 
posted by 伊藤保徳 at 20:59| Comment(0) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

朝起きの効力

たった今、モーニングセミナーから帰ってきた。

今朝の講話は、倫理研究所法人局の岩崎一雄参事を講師に、「社長がやらねば誰がやる」と題したものであった。
岩崎氏は、昨晩の幹部研修会でも講師をつとめられたが、私は昨晩所用のため参加することができなかった。


幹部研修会での話は、以下5項目についての実践事例の紹介であったようだ。
1、朝起きをする。
2、挨拶をする。
3、支払いを喜んでする。
4、掃除をする。
5、仕事を天職と思う。

そして今朝のモーニングセミナー。
聞いて、「昨晩と同じようなお話だったのでは?」と思った。

最も力点のかけられたところは「朝起き」である。


純粋倫理では、「朝起き」といっているが、「早起き」とは明確に区分している。
つまり、「目覚めた時のスッと起きる」というのが朝起きであり、まだ時間があるからと、二度寝などは「わがままの極致」といわれている。

とはいっても、午前9時や10時に起きていたのでは話しにならない。
講師は現在午前3時半に起きているという。

私は平均して4時半から5時の間に起きている。


朝起き(早起き)すると、1日がとても長い。
特に午前中の感じる長さは、丸1日働いたような気持ちになることもしばしばである。

因みに講師は、午前3時半起床、5時「家庭倫理の会」出席、5時20分出社しトイレ清掃から始まり、午後9時頃まで仕事をされるという。当年71歳とのことだが、一日16時間働き、身体など特に問題はないと言われた。

「これが毎日」といわれると、ただただ驚くばかりである。


経営者としての使命感がそうさせていると思うが、私も「朝起き」を少しばかり実践しながら感じるのは、確かに効力があるということである。

具体的には、@頭の活動がスムーズになる A仕事など、先取りをすることができるようになる B考えや活動にメリハリがつく C物事を前向きに捉えるようになる D決断が早くなる などである。


自身の感じ方であり、普遍的ではないが「朝起きの効力」を感じている。
特に今朝の講話を聞き、その気持ちを強くした。


posted by 伊藤保徳 at 08:44| Comment(2) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

人間を磨く

昨日、第28回の瀬戸木鶏クラブが開催された。
参加者は17名、三つのグループに分かれての意見交換は、それぞれ発言の機会が多く、充実した2時間であった。

その月の「致知」を読んでの意見交換であるが、11月の特集は『人間を磨く』であった。

先月が『一生青春、一生修養』でり、似たような議論になるかと思っていたが、記事内容が全く違うこともあり、同じ「修養」でも異なったアウトプットがでた。

グループが3つということは、最後の「グループ報告」も3つあるということで、それを最後にまとめるということはなかなか大変である。何となく私の担当になっているが、これも輪番制にした方が勉強になると思う。そろそろ提案したいと考えている。


さて、3つのグループからの報告であるが、それぞれに特徴がある。
報告者は懸命に「議論内容」を報告しようとするが、その気持ちが強くなればなるほど「意見の羅列」になり、得られた共通認識や気づき、あるいは議論から生まれた視点などの報告が少なくなってしまう。

この点が報告の難しいところだが、報告者の個性がもっと前面に出てもいいと思う。


3つのグループで共通しているのは、「一番最初の記事」についての議論が深いことである。
皆さんまずははじめの方から読まれているようだ。

そろそろ、こだわりを持って読むところを見つけられてはと思っている。


そんなことから今回のまとめは・・・
人間を磨くとは、中国古典の「中庸」にある『至誠』につきる・・・と相成った。

与えられたところ、仕事。
これに対して懸命に挑み、尽くし切ること。

つまりはそこを「適所」と考え、誠を尽くすということである。


参加される皆さんが、毎回真剣に議論に参加されている。
こういう姿も「至誠」の一つだと思う。

毎回大きな刺激をもらっている。


posted by 伊藤保徳 at 09:16| Comment(0) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

思考停止?

他人から、「思考停止だ」といわれてしまうと少なからずショックである。
自分は自分なりに考えているのに・・・、と思うものである。


先日紹介した、新刊書の紹介冊子「TOPPOINT」の11月号に、次のような新書紹介があった。
『「Why型思考」が仕事を変える』(細谷功著、PHP研究所、2010、9、10発行)という本である。


内容は、《人の思考回路は「Why型思考」と「Wha型思考」のt二つに大別することができる》とし、それぞれに解説を加えている。

・「Why型思考」とは、表面に見えない物事の本質に迫る思考。
つまり、「何故?」と原因や背景を考えることである。

・「What型思考」とは、深く考えず、表面上に見えている1つ1つの事象のみを捉えて思考停止している状態。つまり、考えずに動いているということである。考えていないわけではないが、極めて表面的であるということであろう。著者は、その状態を「思考停止」といっている。


自身を振り返ってみるに、この「思考停止」状態が多いように思う。
Why(なぜ?)を考えず、What(なにを)とか、How(どのように)だけを考え行動している場合が多い。

私もマネージャー研修などで、「何をするのか?」「なぜするのか?」を十分考えようと話したことはある。
本書で指摘されているような意味で使ってはいたが、これほど明確ではなかった。

今後は日常的に意識していこうと思う。


今日は9時15分から「瀬戸木鶏クラブ」がある。
11月のテーマは、『人間を磨く』である。

勉強会の冒頭で挨拶の時間があるが、その時に「Why型思考」のことについて触れてみよう。
人間を《なぜ》磨かなくてはいけないだろうか?・・・と。


posted by 伊藤保徳 at 06:29| Comment(2) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

本の購入

今読書週間である。
文化の日をはさみ前後1週間、合計2週間が読書週間であり、丁度半分が済んだところである。

私は趣味を聞かれると「読書」もその一つと答えるが、その前に「本が好き」なのである。
本に囲まれていることは心地よく、本屋とか図書館は好きな空間である。

そこで、本を探すことは楽しいひと時でもある。

通常はこうして本を探したり、新聞の広告や書評欄などをよく見るようにしているが、もう一つの方法を持っている。

それは、新刊書紹介の定期刊行物の購読である。
「TOPPOINT」(トップポイント)という新刊書紹介の小冊子である。月刊で、50ページほどのものである。
正確に記憶はしていないが、もう20年くらいは購読していると思う。


《「一読の価値ある新刊書」を紹介する》と銘打っており、新聞などの書評とは異なり、本の内容をきちんと紹介している。

毎月、10冊ほどの書籍について、主要目次、内容の要約をざっと6000文字程度で紹介している。(B5サイズで4ページ)
ビジネス書が中心であるが、この紹介を読めば概略は理解できる。
そしてこの中で興味を引いた本は取り寄せている。

本を読むのは、「そこから知識を得ること・・・」ということだけを目的にするならば、「TOPPOINT」のような紹介書で十分である。しかし購入したくなるのは本が好きだからである。
要約だけでは物足りないのである。

紹介されている本は、まさに「一読の価値」があると思う。


ただし私は、「購入するに値するか」という価値基準でこの小冊子を利用している。


posted by 伊藤保徳 at 06:48| Comment(0) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

フェスティバル

昨日の日曜日、本地会館祭りに朝8時半から午後3時まで関わっていたが、午前10時から1時間半ばかり、違う催しに参加した。
「オータムフェスティバルin瀬戸」というもの。

昨年あたりから興味を持っていたが、実際会場に足を運んだのは昨日が初めてであった。

主催は、地域別県民文化大祭典2010実行委員会、私学をよくする愛知父母懇談会、愛知県高校生フェスティバル実行委員会、NPO法人アスクネット、愛知私学助成をすすめる会、愛知県私立学校教職員組合連合、の6団体。
そして、愛知県、愛知県教育委員会、名古屋市、名古屋市教育委員会が後援となっている。

かなり大規模に行われている。

私は、主催団体の中で、「私学をよくする愛知父母懇談会」と「NPO法人アスクネット」に知り合いがいて、地元の会場には是非顔を出して欲しいと誘われていた。
その会場が、瀬戸市東部にある「聖霊中学高校」であり、本地会館祭りを中座して出かけることができた。


10月3日から12月5日まで、日曜日や祭日を使い全43会場で開催されている。

予備知識を全くもたず出かけたが、その内容に感動をした。
多くの人に是非みて欲しいフェスティバルである。

案内には、・開場10:00〜 ・式典13:15〜14:00 ・企画 鈴木宣之トークショー14:15〜15:15 ・模擬店、子ども会企画、ステージ企画 10:00〜13:00とあり、簡単な内容説明があった。
《今年は、シアトルマリナーズのイチロー選手の父、鈴木宣之氏をお招きしてトークショーを行います。もちろん今年も「瀬戸市こども会連絡協議会」の皆さんとの共催で、地域とつながった企画もいっぱいです。》


私は限られた時間での見学であり、式典、トークショーに参加することはできなかった。
会場に入ったのが10時半頃、模擬店から水餃子やカレーなどを勧められたが、教室で行われているという「こども企画」を見せてもらった。

6つほどの教室がその企画の当てられていたが、黒板には「歓迎の言葉やイラスト」この聖霊中学の生徒さんが書いているという。
教室ごとに、「科学実験」とか「工作」「ロボット」「レンガアート」などが行われており、来場した子ども達に中学生が懸命に教えている。素晴らしい光景であった。

これ以外に遊びの部屋もあり、輪投げや金魚すくいもあった。


案内をしてもらった協議会の会長によれば、「なるべくお金をかけないで、知恵を出し合い子ども達のためにいろいろ企画している」とのことであった。


今回は、行事が重なってしまったためゆっくりと見学することができなかったが、応援したくなる企画である。


全部で43会場あるが、内容はそれぞれのようで興味は尽きない。
「教室の開放」、「中学生と子ども達の交流」、「父母懇談会の応援」など・・・


「オータムフェスティバル」の企画意図をじっくりと聞いてみたいものであるが、「地域と学校」の新しい関係だと思う。


posted by 伊藤保徳 at 17:15| Comment(0) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

デザイン教育

一昨日、高校の先生からメールをもらった。

この先生とは、数年前まで愛知県立愛知工業高等学校の教頭先生であり、もともと同校デザイン科の先生であった。
私と同年であり、民間企業から高校教師に転じ、デザイン教育に心血を注がれた人である。

同校の定年時には、多くの教え子達が「先生卒業式」と銘打った、大規模なパーティーが催されるなど、みんなからとても慕われてもいる。私自身も、デザイン科同窓会の会長という立場もあり、十年数年前から親しくさせてもらっている。

その先生からのメールで、「読んでみて下さい・・・」と、二つのレポートが添付してあった。
早速読ませてもらった。


「デザイン教育に携わるスタンス」 「デザイン展(卒業制作展)における講評会の実施」という二つのレポートであった。

今年から起工業高校デザイン科の非常勤講師になられたが、授業のない8月、自己研修として提出されたレポートとのことであった。

二つのレポートは、独立しているものの、論点は「高等学校デザイン教育のあり方」であり、自身の体験を踏まえての提言になっている。


読んでみて、「今は、こういう先生がいなくなってしまったなー」、と感じた。

しかし、デザイン教育はこうあるべきだと率直に感じた。
それは、先生が実践されてきた「卒業生の活用」である。
「活用」という言葉が不適切かもしれないが、「学生達に刺激を与えるために、多くの卒業生の力を借りる」ということである。

それは、デザイン業界最先端の情報提供であったり、高度なテクニックの披露だったり、デザインへの熱情であったりする。


その通りだと思う。
卒業生の数だけ「教材」があるといってよい。
これはデザイン教育のみならず、工業高校全体にいえることでもある。

工業高校の存在意義の一つに、「職業意識の醸成」というものがあると思う。
それを効果的に行うには、職業人と接し、話を聞くこと、あるいは職場体験をすることである。

もっともっと卒業生を活用すべきだと思う。


活用された卒業生が、自身の職業に一層の誇りを感じることはいうまでもない。


posted by 伊藤保徳 at 09:14| Comment(0) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

配属先が適所

昨日から大学院で「人的資源管理研究」という講義を行っている。
我社の具体的事例の紹介が講義の中心だが、事例報告だけでは講義にならないので、先行研究の書籍などを活用して内容を組み立てている。

実は、これが私にとって大変勉強になるところである。

「人的資源管理」というのは、昨日も少し書いたように、「人材マネジメント」であり、人材(人的資源)の確保、育成、活用、評価・処遇という4つの領域でもっとも合理的で効果的な施策を行うことである。


昨日の講義の中で、この4っつの領域を説明したが、「人材の活用」のところで話した「配置」についてある言葉を思い出した。
その言葉とは「適所適材」というものである。
「適材適所」ではなく、「適所」が先なのである。

この言葉は、月刊誌「致知」10月号にあった。

その記事は、「致知随想」という欄で久保田龍太郎氏(日清食品元取締役マーケティング部長)が、『仕事は人生観に比例する』と題した一文である。
久保田氏が日清食品での仕事の取り組み方を自らの体験を通じて述べている。
入社して5年目の頃、常務との話の中で、『君、適所適材になれ』といわれたという。とっさに『適材適所ではないでしょうか?』と聞き返した所、言葉の意味を説明されたのである。

要約すれば、『どこへ行っても(配属されても)、自分の与えられた所、そこを《適所》とせよ。そしてその《適材》となれ』ということである。
以来、人生観の根幹をなしているという。


この記事を読み、「現状の肯定」、「ポジティブシンキング」だと感じた。
配属された部署で、懸命に頑張れるのはこのように「自分の適所」であると考えられるからである。

その部署で行うべき仕事の「知識や技術の有無」など、全く問題ではない。
「適所」だと思うことができれば、仕事を通じて「知識や技術」が高まっていくことを実感するであろう。

あえて言えば、今の若者に欠けている点の一つでもある。


人事部門では、(あるいは上司は)その配属先が本人にとって最も適していると判断して配置をしている。
それは、必ずしも希望と合致していないことがある。
つまり、「本人の考え方次第」ということになる。


『適所適材』とは、人材を最大限に活用するためだけではなく、育成という面でもとても重要な考え方である。


posted by 伊藤保徳 at 06:51| Comment(2) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

人的資源管理研究

「人的資源管理研究」、何かしら難しさ感じる表現であるが、「人材をマネジメントする全体」とでも言った方がいいのかもしれない。

今月から名古屋学院大学大学院で集中講座として、この「人的資源管理研究」が始まった。
土曜日の午後から二コマ(180分)、合計8回の講義である。

この講座の主幹教授は中村教授であるが、8回中5回が私の担当である。
第1回から3回までは、「理論的内容」で中村教授、4回目の今日から私の担当で、経営現場での具体的事例を中心に講義を始めた。

私にとっては第1回であり、まずは私の考える「人的資源管理」についての説明、事例を紹介するにあたり我社の説明を行った。


創業者は「社員は家族の一員」という家族主義を実践した人であった。
二代目である先代社長は、「企業は人なり」と「和の精神」が経営の基本であった。そして現在は、その二つを併せて実行がされている。

この事を指して、私は「カワムラの人本主義経営」とよんでいる。
社内ではこうした言い方はしていないが、外部での講義、講演では「カワムラの人本主義経営」として紹介をしている。


大学院での今日の講義は、この人本主義経営の基になっている「経営理念」の背景、意図、実践課程などについての内容であった。


次回以降、受講生との意見交換をふんだんに取り入れ、なるべく広範囲の事例を紹介しようと考えている。



posted by 伊藤保徳 at 22:55| Comment(0) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。