2010年11月02日

採用活動への苦言

大学生の採用活動について企業サイドへの苦言が相次いでいる。

11月1日の日本経済新聞にも、『「就活」は大学4年以降に』『順守の企業には法人減税』という見出しがあった。
毎回楽しみにしている『インタビュー領空侵犯』欄である。

今回は、小倉和夫氏(国際交流基金理事長)のインタビュー記事である。

まずは、「就活」の加熱が日本の明日を担う人材をつぶしているとし、現在の採用活動状況を問題視している。
大切な大学3年生、その時期に落ち着いて勉強できないのは問題であろう。

そして企業の新卒一括採用についても、『時代遅れだ!』と批判している。


大学の側に問題はないのか?の質問に、次のようの答えている。
《3年生の授業の出席率が悪いことを隠している教員や大学は少なくないはずです。
就職の実績を競うから、勉強より就活を優先するのが当然のように、大学も学生も思ってしまいます。

企業にコネのある教授が人気で、熱い議論の場であるはずのゼミは、企業めぐりの遠足になっています。大学や教員が世間に迎合してはいけません。》・・・と。

つまり、企業の活動が元凶であり、大学はそれに迎合すべきではない、ということのようだ。


そして、この状況を打破するためには、《3年生を相手に採用活動をしない企業を対象に法人税の減税》、《採用活動が立派な企業を優良企業として日経新聞で発表しては?》というアイディアが述べられている。


私も大手企業を中心とした、採用活動の早期化を好ましく思っていない。
更に、新卒採用一辺倒というのも問題であると考えている。

しかし、そうした状況を作り出している原因は、採用をする企業サイドだけではないと思っている。

私には、学生自身が「働くことの意味や意義」を認識せずに、「大学をでたら就職」というレールに乗った活動に見える。
つまり、子どもの頃から「次は何」、という方式で高校、大学と進み、次は「いい会社に入る」ことが目標になっている。

そうではなく、「働くことの意味」を社会にでる前にキチンと教えることもとても重要だと思う。


我が国が、「人材」を最も重要な資源として考えるならば、人間学を基本に置いた「職業観」や「勤労観」を教えるべきである。

『就活』の早期化は、一つの社会問題だと思う。




posted by 伊藤保徳 at 07:16| Comment(0) | 経営に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

生態系保全の動き

10月11日、生物多様性条約に関する「名古屋会議」が始まった。
この会議のあることは知っているものの、その内容については(恥ずかしながら)正確には理解していない。

そんな中、この生態系保全に関して大手企業の動きが活発化しているという。

10月11日の日本経済新聞1面に、「パナソニックや竹中など33社 生態系保全へ評価基準」という大きな見出し。
各事業所が、多様な生物の生息条件を満たしているかを評価する共通の手法を作成して導入する動きがあるという。

既に評価項目などの骨格は決まっているようである。

ちなみに・・・
評価項目は18で、100点満点で採点することになっている。

「生物多様性に貢献する環境作り」では、10項目69点。
「生物多様性に配慮した維持管理」は、5項目24点。
「コミュニケーション活動」で、3項目7点、となっている。(合計18項目100点)

環境作りのウエートが一番高いが、内容を見てみると次のとおりである。
・緑地面積の割合     10点
・樹林の階層構造     10点
・土壌の厚みと質     10点
・周辺緑地とのつながり  7点
・緑地の配置        7点
・水辺環境の創出     7点   などである。

記事によれば、今活動している大手企業だけではなく、産業界全体に普及していきたいとしている。
生態系に関わることであり、全体で取り組まないと意味はないと思う。しかし大変なことである。


パナソニックの事業所などで試験的に評価したところ、得点は20点〜50点台だったという。

何点を合格ラインにするかはこれからのようだが、「取り組み方」についてはまだまだ議論が必要だと思う。


まずは現状を把握し、「多様な生物に注目」することから始めればいいと思うのだが・・・。


posted by 伊藤保徳 at 06:03| Comment(0) | 経営に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

システム化批判

企業経営の現場で日常的に言われていることの一つに、「仕組みを作れ」とか「システム化をせよ」というのがある。
間違いをなくしたり、効率を高める常套手段である。
そのシステム化を再考させられる記事があった。


このブログでもたびたび紹介している『インタビュー 領空侵犯』(日本経済新聞10月11日)である。

今回は、玄侑宗久氏(作家・福聚寺住職)が、「システムに頼りすぎるな。もっと心を活発に働かせるべきだ。」と述べている。

とても印象的な発言がある。
《私に関係が深い分野では、葬祭紹介業も営む流通大手が今年5月に公表したお布施の目安なるものが大変な物議をかもしました。これもシステム化の弊害といえるでしょう。》

(インタビュアー)ただ、目安が欲しい人もいるかと思いますが・・・。

《お布施は葬儀の際の読経や戒名に対する対価ではありません。定まった価格などあるはずもなく、百人いれば百通りあるのがお布施の本来の姿です。
どうしたらよいのか戸惑う人はいるでしょう。
しかし、どうしたらよいのか思い悩むこと自体がとても大切だと思います。》

《禅では人間の心が活発に働くことが大事だと考えています。しかし、システム化が進むと、どうしたらよいのかあれこれ思い悩むことがそもそもなくなってしまう。心が死んでしまうのです。
社会が変質し、余裕が失われ、人々が逡巡(しゅんじゅん)するのを待てなくなってきているかもしれません。》


振り返ってみるに、システム化に頼りすぎのように感じる。

このことで余裕をなくしてしまっていることも感じる。
働く人たちが精神的障害を起こしている一因になっているのかもしれない。


「あれこれ思い悩む」ことが、「心を活発に働かせる」ことになることをはじめて知った。
人間はやはり、「思い悩むこと」や「あれこれ考えること」がとても大切なのである。

しかしながら、仕事の日常の中でどのように折り合いをつけるかはとても難しい問題である。



posted by 伊藤保徳 at 11:01| Comment(2) | 経営に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

新卒扱い

10月4日の中日新聞夕刊に、文部科学大臣が経済団体(日本商工会議所)に対し、人材採用についての申し入れをしたという記事があった。
おかしな内容であり、政府は企業の実態をどれほど認識しているのか疑問に思った。

先の民主党代表選では、尖閣諸島での問題に対し真摯な対応がされず、専ら党内の駆け引きばかりに終始していた。
国民の、政権交代による期待は裏切られてしまったというのが一般的な声のようである。

あの時菅さんは、「一に雇用、二に雇用、三に雇用」と言っていた。

私はブログに、「雇用」を政策にするのではなく、企業が雇用を拡大できるような「経済政策」を掲げるべきだ、ということを書いた。
「企業は雇用を確保、拡大すべきだ」というのは、何十年も前の労働組合の主張のようだ。
企業経営という立場での発想が全くない。

今の内閣に最も足らないのは、この経営感覚である。


さて、新聞記事だが、文部科学大臣が日本商工会議所に対し、高校や大学を卒業した既卒者はについて、「少なくとも3年間は新卒扱い」にして欲しいこと、そして「採用枠の拡大」を申し入れたと言う。

企業が「新卒偏重の採用」を行っているという、一部の状況を捉えての申し入れだと思うが、それは大企業である。
文部科学相がこういう話をするのは、大学新卒者の採用(内定)活動が3年生の秋頃から始まっており、学業がおろそかになるとの危惧からだと思うが、こうした活動も大企業のことである。

申し入れをする相手も違うのではなかろうか。


「卒業して3年間は新卒扱いに」、ナンセンスな発想である。
そして、採用する側に企業に対して言うべきことではない。

政府が考えなくてはならないのは、企業が必要とする人材を学校でどう育てるかという教育問題。
企業の雇用形態のあり方を再考し、国主導でワークシェアリングなどの導入を検討する。

こういうこと政府が行うべきであり、企業の採用方法や採用枠をあれこれいうのは筋違いである。


卒業後3年以内の既卒者を採用した企業には奨励金を出すことも計画されているようだが、まったく意味のないバラマキである。

再考を促したい。


posted by 伊藤保徳 at 07:13| Comment(1) | 経営に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

雨中の好試合

今朝旅館の部屋でブログを更新していた頃、外は細かな雨が降っていた。
10時の試合開始までに何とかあがってくれないかと思ったが、予報は無情にも「午前中は雨」とのことであった。

グランドのコンデションについて連絡があった。
全く問題なし。

予定通り試合をすべくグランドに集合したが相変わらずの雨。
仕方なく、開会式だけは屋根のある所(工場の製品出荷場)で行うことになった。

全て予定通りに進行したが、雨だけは想定外であった。


両チームの選手達は元気にプレーに集中した。
テントの中で観覧してる我々のほうが雨を気にしており、グランドの選手達は雨を楽しんでいるように見えた。


今回の交歓試合では、水俣市役所の職員に主審を務めてもらった。
8月に桜ヶ丘観音の大祭に来たとき挨拶をした人であった。
休日であるにもかかわらず快く引き受けてもらったとの事であった。

私からも挨拶と共にお礼を申し上げたところ、「こういうことでお役に立てるなら大変嬉しく思っています」との言葉。
感心した。

雨の中であったが、試合前にいい気持ちにさせてもらった。


試合は点の取り合いという好ゲーム。
結果、3対2で我社が勝利したが、内容は五分といっていい。

12時過ぎに試合終了。
雨もあがり、青空が見えてきた。
早速表彰式を行い、その後は定番の焼肉パーティーとなった。


こういう催しも継続することが大事である。
試合や懇親会を通じ、互いが知り合うことが大切だ。
言葉の違いなど、大きな障害ではないことを実感した。

私は明日の予定があり、列車を使っての帰途に就いた。

今は新幹線の中である。
間もなく新神戸である。


posted by 伊藤保徳 at 18:00| Comment(0) | 経営に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

安全衛生全国大会

10月1日から、第61回全国労働衛生週間が行われているが、同様の全国大会が福岡で開催されている。
「第69回、全国産業安全衛生大会2010in福岡」が、10月6日から今日まで開催されている。
私は昨日の午後から参加をしている。

5年ほど前から、毎回参加するようにしているが、規模も大きく関係者は大変だと思う。

初日は開会の式典と記念講演が中心であり、一つの会場(「緑十字展は別会場で同時開催)での開催だが、二日目、三日目は幾つかの会場で分科会が終日開催されるのである。
今回は、7つの会場である。


私は昨日の午後、「アクロス福岡」で行われている「健康づくり分科会」に参加した。
案内書にかかれた「各分科会の見どころ&聞きどころ」で選んだ。

『健康づくり分科会』
《メタボリック対策、特定健診対象外の若年社員への保健指導等の研究発表のほか、加齢に伴う身体的特性を踏まえた災害リスク低減対策の特別報告、行動科学を取り入れた「やる気を引き出す健康支援」と題した講演。》

この文章で「やる気を引き出す・・・」に興味を持ち参加した。


講師は「精神医療」の専門家であり、メンタルヘルスに関することも触れてもらいとても参考になった。


いろいろな全国大会があるが、スポーツ関係以外では大規模な大会だと思う。
それが69年も続いているということは、意義深いものだからだと思う。


戦中戦後の混乱期を経て日本は飛躍的に発展成長を遂げてきた。

「モノづくり」を極めることが国づくりに通じる・・・こんなことを思わせるほど産業界が国を牽引してきた。
しかし、1990年代になり、明らかに時代は変わった。
「モノづくり」が日本のお家芸ではなくなり、世界各地でそれが可能になった。


安全衛生活動は、そうしたモノづくりと「軌は同じ」ながら、少し遅れて進んできたように思う。
今、モノづくりの現場がどんどん海外に出て行っているが、もう一度足元を見つめ、「世界で一番、安全で快適な環境でモノが作られる国」として、世界の先頭に立つべきだと思う。

21世紀は「環境尊重、人間尊重」の時代である。
故に、「人とモノづくり」について、「安全衛生」という視点で再考する意味があるように思う。


posted by 伊藤保徳 at 08:42| Comment(0) | 経営に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

職場健康フォーラム

10月1日より1週間は、第61回全国労働衛生週間である。
その活動の一環として、昨年から始めた「職場健康フォーラム」が昨日開催された。

私の属する瀬戸労働基準協会、それに、瀬戸地域産業保健センター、瀬戸商工会議所、尾張旭市商工会、長久手町商工会の「共催」で開催されたものだが、発端は昨年の「愛知産業安全衛生大会」にある。

この大会は、全国労働安全週間の期間中である、7月初めに開催されたが、そこでの事例発表が「労働衛生」、特にメンタルへルスに関するテーマが多かった。
労働基準協会の活動が、労働安全に関することが多く、「労働衛生」についての活動が少ないと感じていた私にとり、一つのキッカケになった。
「瀬戸で、労働衛生に関する大会をやってみよう・・・」と。


そんなキッカケから昨年第1回が開催された。
昨年は準備期間が短かったこともあり、10月第1週の全国労働衛生週間の期間中に開催することができなかったが、今年はその期間中に開催することができた。

私としてはこれで今後、継続していく仕組みが整ったと思っている。


今回は、瀬戸労働基準協会の会員から活動状況を「情報」として提供すると共に、「職場のメンタルヘルス」についてのセミナーであった。
今や、従業員の心の健康は経営課題の一つと言っていい。

職場全員で取り組むべき問題であると改めて認識した。

講師から、「遠い専門家より、近くの素人」といわれた。
上司が部下を気にかけることはもとより、まわりの人達が、同僚を気遣うことがどれほど大切で、有効であることを痛感した。

それは、「メンタルヘルス」に関する知識を持っているか否かで大きく違うことも。



posted by 伊藤保徳 at 04:39| Comment(0) | 経営に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

企業への政策

経済が低迷し、政治的対策が必要だと思っているが、「民主党の代表選挙」真っ只中である。
政権与党の代表者を選ぶ選挙であり、それは総理大臣を選ぶことでもあり、大きな関心事であることには間違いない。しかし、些か騒ぎすぎである。

マスコミの報道姿勢にも問題があるように思う。

昨年8月の政権交代前までは、こんなに騒がなかったように思う。


さて、二人の候補者が連日メディアのトップに登場しているが、気になっていることがある。
説明される政策の中身である。
具体的で、実効性のある事柄を見つけ出すのが難しい。

特に、菅首相の言う、「一に雇用、二に雇用、三に雇用」とい言葉である。
働きたいが働く場のない人達に向けたメッセージであり、極めて偏っているし、この経済状況の中では「空しい言葉」である。私はこう感じている。


数日前の新聞(9月6日の日本経済新聞)にも、民主党の政策に、企業を元気にさせる政策の無いことが指摘されていた。これは、民主党政権になり、経済界全体が失望していることでもある。

記事は、『混迷ニッポン・民主党代表選』という連載記事の最終回であったが、タイトルは「企業をどう生かすのか」というものであった。日本の経済社会をどのように認識しているのか、多くの疑問も生まれてきているようだ。
それは、経済界との距離である。

聞けば、鳩山前首相の時は「門前払い」だったようだ。
せめて話を聞くくらいの姿勢があってよさそうなものだ。

菅首相はそのポーズをとっているようだが、経済界との距離が縮まった様子はないという。
先に打ち出された経済対策に対しても、企業経営者はしらけ気味とのこと。
そしてこの記事の主張は・・・

《円高だけではない。高い法人税、雇用形態の規制、二酸化炭素の25%削減・・・。大企業にも中小企業にも冷たい風が吹く。当たり前のことだが、企業が減れば仕事も減る。海外から来る企業が少ないうえに、日本に根ざした企業までいなくなるような事態を改めず、いくら「雇用」と叫んでも何も生まれない。》

更には・・・
《日本でなくても品質の高い製品を作れる時代が訪れ、拠点選びのカギは通商政策や税制になろうとしている。政府に求められるのは雇用を連呼することより、雇用を産む企業の目線で政策を考えることではないか。》

全くその通りだと思うし、さすが経済新聞だといいたい。


マスコミにこの論調が無いのは寂しい限りである。

政治は国民の立場や目線で行われるものだと認識している。
しかしその姿勢が、国民への直接的な恩恵施策に走ってしまうところに問題がある。

「一に雇用、二に雇用」という叫びには、「企業は悪い」という労働組合の昔の論理を感じるのは私だけでは無いように思う。


もっと企業を生かすべきだ。
価値の創出装置たる企業をもっと元気にさせる政策こそ今求められている。


posted by 伊藤保徳 at 06:56| Comment(0) | 経営に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

文化と慣習

私は50歳の時大学院に縁をもらい、改めて学ぶ楽しさを感じた。
以来今日まで、いろいろな会に関わりを持ちながら学ばせてもらっている。

そんな中で、本業である企業経営についてある方向が固まりつつある。

思えばごく当然のことであるが、当時はそうとは考えず、無条件に取り入れようとしていた。それは、「欧米発の各種経営管理手法」のことである。そして、固まりつつある方向性とは「日本型の経営管理手法」への回帰ということである。

こんな事を書こうと思ったのは、今朝の『私の履歴書』(日本経済新聞)を読んだからである。

今月は、元ヤクルト、西武監督の広岡達朗氏であるが、管理野球の元祖とも言える人の考え方には「さすが」と思わせることが多い。選手としてよりも、マネジメントの視点が素晴らしいと感じている。

管理というと、合理的な考え方ばかりを想像するが、読んで気がつくのは、氏の考え方は、日本人や日本の文化が基盤になっていることがわかる。つまり、「日本のプロ野球」はどうあるべきかを考えられていたのである。


今朝は、日本プロ野球の発展のため、指導者育成の場を作ろうとした苦労話であった。
その中で、フリーエージェント(FA)と複数年契約のことが出て来た。

この制度は、多民族国家で契約社会の米国ならではの仕組みであり、日本には馴染まないという議論があったという。この制度が生まれたのは、球団が選手を拘束して酷使していたという歴史があるというのである。つまり日本は、「長期雇用は美徳」という文化があり、「勤め上げる」という慣行に拍手を送る民族なのである。

広岡氏は次のように述べている。
《残念ながら、FA制度は日本でも93年から採用され、FA制度による他球団への流出を防ぐ意味での複数年契約も日常化してしまった。FA制が日本選手の米国流出に拍車をかけたのはもちろん、これらが年俸の高騰を招いたのは周知の通り。複数年契約は選手のやる気をそぐ副作用も露呈した。》(後略)

本場がアメリカといわれる野球の世界でも、文化や慣習に馴染まないことは取り入れるべきではない。
この広岡氏の態度は共感できるものである。


企業経営もプロ野球でも、国際的には共通のルールの下で戦っているのだが、勝つための方法論はその国の「文化や慣習」を基盤においたものでなければ、100%の能力発揮はできないのではないかと思う。食事などはその典型である。


企業経営において、欧米から多くの管理手法が紹介されている。
単に「先端」、というだけで安易に導入するのは問題である。文化、慣習が違うのだから・・・。

日本型の経営システムについて、一つづつ理論構築をしているところである。

そのためには、日本の本質をもっと知る必要がある。


posted by 伊藤保徳 at 17:48| Comment(0) | 経営に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

年少人口比率

一昨日、瀬戸北ロータリークラブの例会があった。
この日の「卓話当番」は、我が委員会(会員増強委員会)であり、一ヶ月ほど前にメンバーである幼稚園経営者にお願いをした。

個人的には「幼児教育」に大変興味があり、お願いしたが、むしろ「少子化」が大きな問題であるとし、卓話のテーマは「少子化時代と幼児教育」としてもらった。
話を聞き、日本の将来に大きな不安を持った。


人口問題は、21世紀の国力を考える場合の中心となる。
情報が瞬時に地球を巡る時代にあって、国力の差は人を含めた資源となる。
従って日本のように少子化の進行と、総人口の減少というのは競争力の減退となるのである。

こんな気持ちもあり、人口に関するデータをいろいろ見ながら「将来日本は大変だ・・・」という気持ちになった。


先ずは、出生率の年次推移、そして年少人口、老年人口の推移について解説をしてもらった。
(年少人口は0〜14歳、老年人口は65歳以上)

世界各国との比較の中で日本は、年少人口比率が1番低く、老年人口比率が1番高いという結果である。
この人口の中間である15歳〜64歳までが労働人口といわれているが、この比率だけは今のところ世界平均と同じ程度である。

世界平均と日本の比較

        0〜14歳   15歳〜64歳   65歳以上
・世界     28.4%    64.4%      7.3%

・日本     13.3%    63.9%     22.7%

このような結果であり、日本はまさに「少子高齢化国家」である。
参考までに、韓国、アメリカ、中国は・・・
・韓国     19.1%    71.6%      9.3%

・アメリカ   20.8%    66.8%     12.4%

・中国     22.0%    70.4%      7.6%

データを見て、年少人口比率が少ないということは、今後生産人口比率は低下し、老年人口比率が上昇することを意味している。従って、出生率の向上策がいろいろ行われているところである。
しかしながら、その出生率はなかなか向上していないのが実情である。

年少人口を増やすことが基本対策ではあるが、なかなか難しい問題である。

都道府県別の合計特殊出生率(2008年)を見てみるに、地域別にバラつきがある。
最高は沖縄の「1.78」で、最低は東京の「1.09」である。
これは、地域特性があるということであり、全国一律的なことより、地域別のキメ細かな施策が必要であろう。


「少子高齢化」はますます進行する中で、大きな舵取りが政治に求められている。


posted by 伊藤保徳 at 10:49| Comment(3) | 経営に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。