2010年11月22日

人間を磨く

予てから、このブログの区切りとしていた「更新2000回」となった。
思えば、2006年の7月に開設以来、4年と3ヶ月よく続けられたものだと思う。

目標らしきものを持っていたから継続できたと思う。


さて、この節目にどんなことを書き込もうと考えたが、やはり「日々、感じること・・・」から、今考えていることを紹介したい。

それは、明後日(24日)に予定されている倫理法人会モーニングセミナーでの講話内容である。

モーニングセミナーでの講話は毎月1回担当しているが、かれこれ3年近くになる。
最初の頃は、このブログに書き込んだ内容をもう少し膨らまして話していたが、だんだんネタに困ってきた。そこで自身の勉強を深めることを兼ね、月刊誌『致知』の特集を講話テーマにすることにした。

『致知』11号の特集は「人間を磨く」である。


一通りレジュメの下書きは出来上がったが、ふと違うことが思い浮かんだ。
それは、横綱白鵬が今場所大記録(双葉山の69連勝)に臨んだが、残念ながら2日目に破れ63連勝でストップしたことである。

場所前から横綱の「磐石」の様子が伝えられ、多くの人が「ひょっとすると・・・」と思っていた。しかし、それは適わなかった。

私は、大相撲ファンであり、記録について気になるところだが、もっと興味があるのが、双葉山が記録の途絶えた時につぶやいた言葉である。『われ、いまだ木鶏になりえず』

「木鶏」とは、「ものに動じなく、まるで木で作られたような鶏(闘鶏)」のことで、中国古典の「荘子」にある故事にある。
「致知」の読者勉強会は、この故事から『木鶏クラブ』という名がつけられている。


私は、「修養」とか、「人間を磨く」ことの到達点の一つが「木鶏」であると考えている。
故に、「特集(人間を磨く)」から講話のレジュメを作りながら、双葉山の言葉が思い浮かんだのである。同時に白鵬の胸のうちにも同じような思いが湧いたのではないかと思っている。


「致知」の特集では、「人間を磨くこと」、即ち、古典の「中庸」に示されている精神を実践することだと感じた。
つまり、「天命を知って誠をつくす、生涯をかけて誠を尽くしきること」である。

改めて生き方を考える機会にもなった。



長い間読んでいただき感謝いたします。
ありがとうございました。

今後はホームページの中で書き込みをしてまいります。
機会があればぜひご覧下さい。



伊藤やすのり後援会
http://www.yasunori.jp/

 
 


 



posted by 伊藤保徳 at 08:10| Comment(3) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございました

我が恐ろしい妻も
このブログファンで・・・

何らかの形で 続けて頂きたいと 思っています
Posted by OZEKI 純生 at 2010年11月23日 07:27
 4年3ヶ月=2000回の継続〜これまでの発信継続力に感謝感服申し上げます。様々なご示唆頂戴し本当にありがとうございました。

 私も多くの読者同様、近い将来のブログ再開を心待ちしております。来春には市役所のホームページから市長ブログとして再発信される事を祈念申し上げます。
Posted by 菱田 峰高 at 2010年11月24日 15:07
長い間お疲れ様でした。

社員教育研究所に行った頃から

拝見させて頂いておりました。

経営の一端を担うものとして

数々のヒントを頂戴いたし

感謝の言葉もありません。

ありがとうございました。

また

選挙でのご武運をお祈り

いたしております。

横浜の地より、念じております。

Posted by 小室 at 2010年11月24日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。