2009年04月29日

親子の交流

今日「昭和の日」は、6年前から「れんげ祭り」である。

本地の会主催の「親子農業体験事業」の一環であるが、この日はむしろ保育園を中心にした「親子交流会」でもある。
それは、農業体験で「米づくり」を行う水田が保育園の隣であること、そしてもう一つは、その田を「れんげ畑」にし、そこに園児作成の鯉のぼりを飾るからである。

「れんげ祭り」を始めるようになってから、この日は天候に恵まれ初夏を思わせる陽気の日が多い。
今年は夏日にはならなかったものの、20度くらいの気温であり、「かき氷」は大人気であった。

「親子の交流」であり、こうした活動を機会に地域の連帯が深まればよいと思っているが、年々参加者も増え、関係者の一人として喜んでいる。今年は、記名をしてもらった人数が210名、遅れてきた人やスタッフを加えると、260名ほどの参加であった。

午前10時、子ども対象の宝探しから始まり、その後は保育園広場を開放してもらい、しばし交流をしてもらうという、極めてシンプルな内容である。
広場では、特性コンロに炭火を用意し、みたらし団子をそれぞれで焼き、楽しんでもらう。少し間をおいてかき氷のサービス。

参加費一人百円である。

みたらし団子を自分達で焼く、かき氷のシロップもじぶんたちで・・・。

これが、親子の間や親子同士の交流になればよいと思っているが、それなりの機会提供になっているようである。
ただ、常識を疑う若いお母さんも何人か見える。

総じていえるのは、お父さんも一緒に来ている親子は行儀がいい。
みたらし団子を渡した時、キチンと「ありがとう」という子ども達も多くいる。


目に余るのは、若い母親である。
まずは「言葉づかいが悪い」。子どもにも友人に対しても乱暴である。そういう母親に限って「権利主張」が強いように感じる。

子ども達を強く正しい人間に育てるには、まず「親の教育が必要だ」、ということを以前耳にしたことがあるが、同感である。


ともあれ、いろいろな人がいての交流会である。

何のトラブルもなく終了できたことはありがたいことだが、数年前からは、保育園の先生達が全面的に協力してもらえるようになり、この行事が意味あるものになりつつあるように思う。

更なるステップアップを目指したいものである。


posted by 伊藤保徳 at 19:12| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。