2009年04月28日

続「職場の教養」

昨日の「暁楽習会」では、二人の意見発表があったと書いたが、もう一人の方を紹介する。

彼は、『職場の教養』5月号より、5月1日「聞く前に」、という項目を選んだ。
内容は、新人が仕事を進める上で、わからないことを先輩にたずねる場面。最初の頃は親切に教えてもらえたが、最近は《そんなことまで聞くのか》、という顔をされ面倒がられているという。

新人は、「ミスがないようにと思い、意欲的に何でも聞いているのに何故?」と感じ、つい態度に出してしまった。
すると上司が、「率直にものを聞く姿勢は評価できる。でも安易に聞く前に、まず自分で充分考えること。質問は、その考えが正しいかどうかの確認をとるためのものだよ」と指摘された。

自分なりの意図を持って仕事に取組みたいものです・・・と、結んでいる。


意見発表をした彼は、昨年4月に入社した社員である。
自身を振り返りながら、文章にある「新人」とダブったのであろう。
感想として、「自分もよく考え、自分なりの考えを持って相談するようにします。」というものであった。


議論の中心は、「わからないとき、困った時にどうするか」、ということで、結論的には「自分なりの考えを持つ」、ということになった。

楽習会ではここまでであったが、ふと、先日紹介した一冊の本のことが思い浮かんだ。
「折れない新人の育て方」(船戸孝重・徳山求大著、ダイヤモンド社)のことで、紹介した「新人がつまづきがちな10の場面」の中に、『職場の教養』の一文と同じような場面がある。

「考ええもどうしたらいいかわからない」、という場面である。

新人にしえ見れば、「何でも聞け」、といわれながら、「聞く前に考えろ」といわれてしまったら、一体どうすればいいのか、余計に悩みこんでしまうだろう。

状況が千差万別であり、唯一の絶対解があるわけではないが、まずは「質問してみる」「相談してみること」であり、周りはそれを受け入れる態度であるべきであろう。

「聞く前に考えろ」、は人にもよるが、質問や相談にはまず耳をかたむけるべきで、その後のやり取りの中で共に考えることが肝要であろう。
話しながら答えが見つかったり、解決の糸口が見つかることだってある。


「聞く前に、まず自分自身で考えましょう」とは、自由に話のできる雰囲気があることが前提のように思える。

相談にのって貰える人に、「どうしたらいいでしょう?」とは言わないものである。自身の中に幾つかの考えがあってどちらかに決めかねているから相談するのである。

そうした事を考えると、『職場の教養』にある上司の一言は素晴らしいと思う。

『率直にものを聞く姿勢は評価できる。でも安易に聞く前に、まず自分で充分考えること。質問は、その考えが正しいかどうかの確認をとるためのものだ。』


posted by 伊藤保徳 at 08:53| Comment(0) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。