2009年02月25日

日本語を学ぶ

今日の瀬戸市倫理法人会モーニングセミナーの講話は私の当番であり、日頃感じていることについて話をした。テーマは、「日本語を学ぶ」であった。

相手に自分の気持ちを伝えるうえで、言葉はとても重要であるが、ともすれば日本語は小さい時から使っている事もあり、きちんと学んだと言う記憶がない。
尊敬語や謙譲語などは教えてもらったことがあるが、それは日本語を学ぶと言うより、対人関係を円滑にするための「礼儀」として学んできた。

従って、「日本語」をいまさら学ぶと言うような気持ちは全くなかった。
しかし、「致知」(2月号)にあった、東京世田谷区教育長(若井正文氏)のインビュー記事を見ていささか驚いた。

義務教育の中で、「日本語」という教科を創設し、平成19年から「日本語授業」が始められたという。

ふと思ったのは、わざわざ「日本語」という教科を作らなくても、「国語」の時間でいいのでは?ということである。
この点について教育長は理由を二つ述べている。
《一つは、教科「日本語」の内容が学習指導要領に定められた「国語」の内容だけでなく、社会科的な内容、理科的な内容、また算数・数学的な内容なども含み、教科横断的な内容になっていることです。

二つ目の理由は、学習指導要領で定められた「国語」と違って、小学一年生から多くの古典に触れさせるとともに、漢字も多用していることです。》・・・と。

いうなれば、日本語が日本人をつくり、日本文化をつくりあげているという基本思想があり、日本語を学ぶということは、総合的な日本文化の学びであるという認識であるとのこと。

この記事を読んで、一種感銘を覚えた。

と言うのは、『日本創生への道』(丸山敏秋著、倫理研究所)の中にも同じことが書かれていたことを思い出したからである。ここでは、日本文化の本質として、「日本語」と「天皇家」のことが説明してあった。


さて、「日本語の授業」なるものがどんなものかと興味が増すばかりであるが、記事の中で、小学校中学校の「教科書」を一般にも販売していることを知り、早速購入することにした。

この教科書が一週間ばかり前手元に届き、いったいどんなものかとページをめくって驚いた。

小学校一年生の教科書とは思えないような内容である。
一番最初のページこそ、「鉛筆の持ち方」の図説であるが、以降は、「春夏秋冬」の四季にあわせた「詩」や「俳句」などが紹介されている。

これを、声をそろえて音読しているという。

小学一年生の「春」にあたる部分を紹介すると・・・、
「季節を楽しもう」〈1〉として、山村暮鳥の「風景」という詩が紹介されている。そして、「春はどんな季節ですか?」「春を感じる言葉をさがしてみましょう」という設問がある。

「日本語の響きやリズムを楽しもう」〈1〉では、小林一茶の俳句が紹介され、《俳句は、日本で古くから続けられてきた短い詩です。》という解説がある。

そして次には「漢詩」、「地域の民話」、「短歌」と続くのである。
一年生では習うことのない「漢字」もたくさん使ってある。(もちろんふり仮名はある)

「秋」になると、「論語」まででてくる。


教科書全てに目を通したわけではないが、確かに「国語」という領域ではなく、総合的な日本文化の学びのために編集された意図がよく理解できる。

改めて「日本語」を学ばねばならないと思った。


posted by 伊藤保徳 at 10:57| Comment(4) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
菱田です。
今朝の瀬戸市倫理法人会モーニングセミナーでも講話を承りありがとうございました。

国語は小学校〜高校まで習って参りましたが、専ら漢字を覚えたり文意を理解する学習が中心でしたね!【日本語】という教科・・・中身が非常に興味深いです。楽しく学ぶからしっかり理解できるのかも知れませんね。是非次回の瀬戸木鶏クラブにてご紹介願います。
Posted by 菱田 峰高 at 2009年02月25日 14:34
菱田さんコメントをありがとうございました。

「日本語」教科書の内容をもっと詳しく話をすべきでしたが、まだ全部を見ておらず失礼しまし。

3月の木鶏クラブではもう少し突っ込んだ紹介をするつもりです。

よろしくお願いします。
Posted by 伊藤保徳 at 2009年02月25日 21:12
「日本語」という教科があるんですね。「道徳」の授業がなくなったと聞いていたのでこの教科には興味心身です。
木鶏クラブで教科書を見せていただくのがとても楽しみです。
「季節を楽しもう」もとてもよいですね。
スーパーの野菜一つでも季節を問わず手に入る時代になっていますので季節感も味わえないのが現状です。

さて、今回のブログの内容を読んで思い出したことがあり、今回はコメントさせていただきました。

私の講座にみえていた60代の女性が6年生のお孫さんの時間割に週に2度「ときめき」という教科があって心が和んだ話をしてくれたことを思い出しました。私も聞いた時は「ときめき?」「ドキドキ!ワクワクする教科?」とナイスなネーミングに私も心がときめいたのを思い出しました。

緑区大高の小学校らしいのですが、昨日どんな内容なのかお孫さんに聞いてもらうためにメールをしてみました。
本日、返答が届いたので下記に紹介します。

「ときめき」は、週に1時間と2時間の2通りあるようです。

お孫さんいわく、まず一言で言えば「とてもたのしい」そうです。
クラスでの授業のほかに、学年を超えて1〜6年生で行うときもあり、今やっているのは卒業に関するものやアルバム作りだそうです。
特に少子化で兄弟がいない子供が多いので学年を超えた縦割りも大切だと思いました。

2学期には2時間の時に大高城跡に行き、郷土の歴史を調べたそうです。
外でやることもあるようで子供にはとても刺激的な授業のようです。

お金を自分達で作って買い物の仕組みを勉強したりもしているそうです。たまにはドッヂボールをすることもあるし、いろいろなゲームもしたことあるようで、子供にとっては「ときめき」がいっぱいの授業みたいです。

算数や国語などもとても大切ですが、子供達にもっと大切なことも教える教科はとても素敵です。

自分の意見を言い合える「ひらめき」もあったら楽しそうな気がしています。

【日本語】【ときめき】のような教科がもっと増えてくれると、子供たちが社会に出た時に役立つことがたくさんありそうな気がしました。

今回は、かなり長いコメントになってしまい失礼いたしました。
Posted by 羽根 at 2009年02月27日 00:05
コメントをありがとうございました。

「ときめき」なる教科があるとは知りませんでしたが、おそらく「総合学習」の一つではないかと推測します。

ただ、教育基本法が変わり、今の学習指導要領ではこの種の「教科」は取りやめられるかもしれません。
日本の子どもの学力低下が明らかになり、、「総合学習」を悪と決め付けている論調が多いようです。

これもまた困った問題です。

「日本語の教科書」は3月7日の木鶏クラブに持参します。
Posted by 伊藤保徳 at 2009年02月28日 14:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。