2009年02月25日

大局観

我々の業界に「オートメルビュー」という新聞があるが、その2月18日号の「オートメ評論」欄に、米国オバマ大統領を評価する一文があった。

執筆しているのは、オートメ総合研究所所長の白岩禮三氏である。

内容は、オバマ大統領の「大局観」を褒めたものである。
大統領は、今の経済危機に対し、その政策を「景気回復」とは言わず、「米国経済の再構築」といい続けている点である。

即ち、「景気回復」といえば、回復前の経済が正常であり、それに戻すというニュアンスになるが、「再構築」という言葉を使い、根本的に変えようとしているのである。
つまり、かって経験した好景気というのは、資源の無駄遣いの上に成り立っていたという反省に立ち、「経済の再構築」こそが、米国の新しい指標にしようとしているのである。

それが、「グリーンニューデール政策」である。

我が国はどうであろう。
国会では「景気回復」「経済対策」という言葉ばかりである。しかも「定額給付金」などという、ばらまきとしか思えないような小手先の施策ばかりである。

いうなれば、大局観が無いのである。寂しいかぎりである。


ただ、そんな中にあって、安倍内閣の時の大田弘子経済財政政策担当大臣は、時代を見据えた発言をしている。
大田弘子著『経済財政諮問会議の戦い』(東洋経済新報社)で、「危機を反転する成長戦略のビジョンを」、と主張している。
この内容は、大臣当時に演説された内容で、以前ブログにも書いた。

氏の談話が紹介された小冊子(My経営情報、2009.2)から一部紹介する。

《2002年以降の世界経済は、米国の消費がエンジンになって牽引される構図が続いてきた。しかしその構図は明らかに終焉を迎え、世界経済は次の大きなステージに進もうとしている。それがどんなものかはまだ誰もわからない。しかし考えておかなければならないのは、新しい世界経済のステージで日本はどの位置に立てるのかという問題である。

日本経済が直面している地域経済の低迷、消費の冷え込みといった問題は、今回の金融危機で起こったことではなく、金融危機の前から抱えていた課題だ。

従って今大事なことは、一時的な目先の施策ではなく、地域の弱さ、消費の弱さ、雇用の弱さへの根本的な取組みである。》

そして、成長戦略として、@サービス産業の生産性の向上。A世界に開かれた経済システムの構築。B人材を活かす。の三つを上げているが、これは大臣当時の演説にあった内容と同じである。


現内閣の進めている施策に比べ、大局観のある提言である。
この事に付いてもっと議論を深めるべきである。

オバマ大統領の言う「経済の再構築」と視点は同じである。


何故大局観のない施策検討に終始するのかといえば、「国民への迎合」がそうしているのだと思う。マスコミでは、今の政治は「国民不在」と非難するが、そうではなく、選挙に勝つために国民の顔色ばかりを伺っているため、小手先の施策しか思いつかないのである。

「100年に一度」という言葉が良く使われるが、真にそう思っているのであれば、根本的に構造を変革必要があろう。
オバマ大統領の言う「再構築」であり、大田氏の言う「世界経済の中での位置づけ」を明らかにするべきであろう。


今こそ、日本の特徴や強みを再認識し、日本型の経済構造を構築することをビジョンとすべきである。


posted by 伊藤保徳 at 04:35| Comment(1) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■今後の景気動向について-マスコミの論調に惑わされないために−マスコミのおばかな論調を叩き潰そう!!
こんにちは。先日「1ドル70円台の日本経済:三橋貴明(作家)」という文章を、全部私のブログで掲載しました。簡単にいうと、日本の現在の真の経済力と、マスコミなどで喧伝する内容との違いを数字をもとにはっきりさせようとの内容です。この内容、私がブログで過去に何回か主張してきたことを、包括的にしかも、物語風に判りやすく解説してありましたので、私の意見を代弁していただけるものとして掲載しました。しかし、この文章、確かに物語風なので読みやすいですが、引用したり、短時間でその内容を把握するのには、向いていないと思いましたので、私のブログでレポート風に再度まとめてみました。無論、私が調べた内容なども付け加えてありますが、この文章の作者の意図を妨げるものではありません。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2009年02月25日 15:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。