2009年02月22日

論語考F

私が先頃から論語に関する本を読み出したのは、「致知」の記事がキッカケである。

それは、「こども論語塾」で講師をされている、溝本定子氏と「石塾」を主宰されている、岩越豊雄氏の対談記事であった。その中で紹介のあった『子どもと声を出して読みたい「論語」百章』(岩越豊雄著、致知出版社、2008、1初版)という本を早速買い求めた。

読んで見て、今までの「論語本」とは一味違い、現代的でわかりやすい解説が気に入った。
そして、どんどん興味が増していった。

この本の紹介はまたの機会とし、今回は溝本定子氏が気に入っている「一章」について紹介したい。

石平氏との対談(「論語道場」)で、氏は一番好きな言葉は、「徳は孤ならず、必ず隣あり」と述べている。『子曰、徳不孤 必有隣』・・・先生が言われるには、「徳のある人は、決して孤独にはならない。必ず共鳴して理解し合える隣人が現れるものだ」と。

溝本氏が、「こども論語塾」を開講した頃のエピソードを披露している。
《いざ開講、ということになり、果たして何人の子どもが着てくれるかとても心配をした。そんな気持ちを見透かしたように、友人からメールが届いた。たった一行「徳は孤ならず」と。》

なかなか知性的なやり取りであり感心した。
私はこの「徳は孤ならず・・・」に一つの思い出がある。(知性的ではないが・・・)

中学一年生の頃だったと思う。書道の課題でこの文字(六文字)が出た。読むこともままならず、半紙に六文字をバランスよく書くことが求められるが、なかなか難しい。六文字の画数が極端に違うからである。

書道は小学校の二年の頃から習っていたが、塾ではなく担任の先生に放課後指導をしてもらっていた。中学校に入ってからはそれはなくなってしまったが、書道の時間は好きな授業であった。


「徳不孤 必有隣」の六文字の大きさを、心もち変えて書いてみた。
そして自分の名前の一文字「徳」は、特に気を入れて書いたように思う。

これがはからずも「金賞」になったのである。


その時以来、「徳不孤 必有隣」という言葉は頭に残った。
意味は当時でも理解していたが、論語の一章であるという認識はなかった。
しかし、13〜14才頃にこうした言葉に接し、今でも覚えているということは当時の教育環境が良かったのであろう。感謝である。


今、改めて学びながら、「今だから理解できること」も多く、論語の意味の深さを少しづつ実感をしている。


posted by 伊藤保徳 at 17:39| Comment(0) | 人づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。