2009年04月06日

せとこま登場

瀬戸の町を元気にしようと、兼ねてより準備をしていた「瀬戸狛犬」のキャラクターを初めて披露した。

4月4日の我社の「花見の宴」と、5日の「山の田祭り」の会場で、デビューである。

全国から「瀬戸狛犬」をキャラクターにしたデザインと愛称を募集、応募作品208点の中から「グランプリ」を決定、愛称は「せとこま」に決まった。
そのデザインをもとに、「着ぐるみ」をはじめ、陶製の置物、ストラップ、根付けなどが制作され、会場で販売もした。

中でも「着ぐるみ」はまたたく間に人気者となり、一緒に写真におさまったりしていた。

正式な披露は、4月19日の「陶祖祭」であるが今から楽しみである。
当日は、「グランプリ」の表彰式に続き、商店街を経由して深川神社まで「狛犬道中」を行う予定である。

この活動は、製陶会社の社長達有志が立ち上げたものだが、活動の拡張を考え私がプロジェクトの代表を務めることになった。
発足間もないが、4月の「陶祖祭」に「瀬戸キャラクター」として発表しようと、関係者に頑張ってもらい、第一の目標は達成できた。

今後どのようにPRして浸透させていくかが鍵であるが、焦らず地道に継続することが重要だと考えている。

それにしても瀬戸のモノづくりの底力は凄いものである。
デザインが決定したのは2月20日頃であり、それから40日で「製品化」してしまうネットワークというのは素晴らしい。

随分前のことであるが、瀬戸は「町中が工場」ということを聞いたことがある。
陶土を掘ることから、原型作り、成型、焼成と、一貫生産をしている所は少ないが、市内大小の工場が「製造システム」としてつながっているのである。

この力は大切にしなければならないし、生かす方策を考える必要もあろう。

要は「商品開発」にかかっていると思うが、こうしたことからも「陶製狛犬」を瀬戸のブランドにしたいものである。


「陶製の狛犬」はこの地方だけのものと聞く。
瀬戸のみやげ物として、町のシンボルとして育てあげていきたい。


posted by 伊藤保徳 at 06:21| Comment(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。