2009年02月04日

話のスタイル

昨日の夕方、そして今朝と、瀬戸市倫理法人会での二つのセミナーに法人レクチャラーの土屋さんに来てもらった。
土屋さんは現在名古屋市西倫理法人会の会長でもあり、どんな話なのか期待をしていた。

いわゆる「倫理」の話しというより、自身の体験談であり、楽しく聞かせてもらった。
肩に力が入ってなく、淡々と話されていたが、随所に「金言」が散りばめられており、さすがに20年近いキャリアのある人は違う。(平成2年に入会されたとの事である。)

二回続けて聞いたが、内容は全く違うものの、そのスタイルが独特であることを感じた。

「講話」であり、一般的には「ストーリー」というものがある。
体験談でも年代順に紹介し、「そして今」・・・というようなまとめがあったり、まくらで興味を引くような話題を取り上げ、聞き手の注目を集めてから本題に入るとか、それなりの流れがある。

昨晩のナイトセミナー、そして今朝のモーニングセミナーでは、その「流れ」がなかったように思う。
かといって、主張点が曖昧という訳ではない。
思わずメモをするような言葉も沢山あった。

聞きやすさという点からも、評価される内容、話し方であった。


いろいろと考えたが、私なりの結論は「小咄集」であったのでは・・・と。
食事の時、「落語を聞くのが好きだ」、といってみえたことを思い出し、沢山の「小咄」を聞かせてもらったと感じた。

「こばなし」を「小咄」と書いたが、例の如く広辞苑を開き「漢字源」で「はなし」を調べたからである。

「話」、「噺」、「咄」の三つの漢字がある。
「話」・・・《口をあけて、よどみなくものをいう。》とある。「ものをいう」ということの総称のようだ。

「噺」・・・《はなし。珍しい物語。「おとぎ噺(ばなし)」》とある。

「咄」・・・《はなし。昔話や落語。「小咄(こばなし)」》とある。

このような説明を見て、「土屋式トーク」は、まさに「小咄集」であったと思う。

思い出してみるに、昨晩も今朝も、話のスタートに、「この時間を楽しんでほしい・・・」という言葉があったが、ひょっとすると綿密に仕組まれていたのかもしれない。

お陰で、楽しい時間を過ごせたが、私には新しい「話のスタイル」を発見した思いである。


メモを読み返してみたが、書き留めた言葉それぞれは素晴らしいものであるが、前後の関係は全く思い出せない。
しかし、人柄や純粋倫理を幾つか実践されていることはよく解ったし、心にも残った。


一点の曇りもない心で、倫理に取組まれている姿こそが我々に最も訴えたいことだったかもしれない。
なかなか真似のできないことである。


posted by 伊藤保徳 at 14:39| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。